相乗り特集「自動化された幹線からの分岐から1区間だけ、通票を持たない区間」目次

総目次へ戻る

 f54560zgさんのブログである「懐かしい駅の風景〜線路配線図とともに」の2018年5月9日 (水)の記事である「北藤岡配線図」

http://senrohaisenzu.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-166e.html

のコメント欄で、3RT生さんが書かれている「自動化された幹線からの分岐から1区間だけ、通票を持たない区間」に、非常に興味を持ちまして、私もその話題に乗せていただこうと思いました(汗)。

 3RT生さんのブログ「旅行カバンの片隅から」は、こちら

http://lbxnydr.cocolog-nifty.com/blog/

となります。

 手許にあります資料の中から、上記のような区間に関連する線路配置図を紹介していこうと思いますが、このような区間の抜き出しは、昭和53年3月現在の「鉄道 線路図 運転計画用 日本国有鉄道運転局」所収の「国有鉄道閉そく方式一覧図」を参考にしました。

<「自動化された幹線からの分岐から1区間だけ、通票を持たない区間」昭和53年3月現在を基準>(順番は、当HPでの紹介順です。)

一、(広島局)岩日線 森ヶ原信号場〜北河内間    単線自動(A)区間の岩徳線から連動閉そく式区間として分岐。

二、(広島局)芸備線 矢賀〜東広島間、矢賀〜広島間 複線自動区間の山陽本線から連動閉そく式区間として分岐。当ページです。

三、(岡山局)芸備線 備中神代〜矢神        単線自動(A)区間の伯備線から単線自動(B)区間として分岐。

                          配線略図が手許にないため、当HPでの配線略図のご紹介の予定は現在のところありません。

四、(高崎局)足尾線 下新田信号場〜相老間     単線自動(A)区間の両毛線から連動閉そく式区間として分岐。 

以下、つづきます。

 また、その後、国鉄「関東支社運転取扱基準規程(昭和40年3月関東支達第2号別冊)(昭和40年3月現行)」をみてみたところ、上記に挙げた区間以外にも、「自動化された幹線からの分岐から1区間だけ、通票を持たない区間」が存在したようですので、以下に、挙げていきたいと思います。

<「自動化された幹線からの分岐から1区間だけ、通票を持たない区間」昭和40年代編>(順番は、当HPでの紹介順です。)

一、(高崎局)両毛線 新前橋〜前橋間 複線自動区間の上越線から連動閉そく式区間として分岐。両毛線のCTC化とともに単線自動(A)区間となり消滅。

 

総目次へ戻る

inserted by FC2 system